供日語聽讀學習使用,非最近新聞。

「今月(こんげつ)からスタジオジブリ全作品(ぜんさくひん)の場面(ばめん)寫真(しゃしん)を順次(じゅんじ)提供(ていきょう)することになりました。今月(こんげつ)は、新(あたら)しい作品(さくひん)を中心(ちゅうしん)に8作品(はちさくひん)、合計(ごうけい)400枚(よんひゃくまい)提供(ていきょう)します。常識(じょうしき)の範囲(はんい)でご自由(じゆう)にお使(つか)いください。」(公式(こうしき)サイトから引用(いんよう))

“從這個月開始,將依次公開吉卜力工作室作品的場景素材。這個月將提供以新作品為中心的八部作品圖片,合計400張。請在常識範圍內自由使用。”(引用來自官方網站)

スタジオジブリは18日(じゅうはちにち)、公式(こうしき)サイトで「今月(こんげつ)から、スタジオジブリ作品(さくひん)の場面(ばめん)寫真(しゃしん)の提供(ていきょう)を開始(かいし)します」と発表(はっぴょう)した。これにネット上はお祭(まつ)り騒(さわ)ぎ。「太(ふと)っ腹(ぱら)」「嬉(うれ)しすぎて朝(あさ)から涙(なみだ)」とファンらはジブリの大量(たいりょう)公開(こうかい)に歓喜(かんき)したり、「常識(じょうしき)の範囲(はんい)はどこまでか?」と議論(ぎろん)したり、さまざまな反応(はんのう)を起(お)こしている。

9月18日,吉卜力工作室在官方網站上宣佈“從這個月開始,將開始提供吉卜力工作室作品的場景素材。”網上一片歡呼雀躍。對於吉卜力公開大量素材,粉絲們欣喜地表示“太大方啦”“大早上開心到流淚啊”,也有人評論“那工作室所説的在常識範圍內使用,界限到底在哪裏呢?”,反應不一。

同社(どうしゃ)プロデューサー鈴木敏夫(すずき としお)さんによる「常識(じょうしき)の範囲(はんい)でご自由(じゆう)にお使(つか)いください。スタジオジブリすずきとしお」との直筆(じきひつ)メッセージも公開(こうかい)した。

吉卜力工作室的製作人鈴木敏夫還公開了親筆寫的訊息“請在常識範圍內自由使用。吉卜力工作室 鈴木敏夫”。

>>>6節免費口語課程:零基礎到商務會話,突破“啞巴日語”困境!

重點詞彙 :

歓喜[かんき]

歡喜,歡呼。非常喜悦快樂。亦指大喜。

範囲[はんい]

範圍,界限。

議論[ぎろん]

議論,爭辯。

順次[じゅんじ]

順次,依次。逐漸。

直筆[じきひつ]

親筆;親筆寫的文件。

>>日語新人領取專屬福利